11/30|9:00
・囚人のジレンマというゲームがある。
これは二人の囚人がそれぞれ別の部屋に隔離されて、
温厚な刑事がゆっくりと尋ねる。

「お前が相手の罪を証言(裏切り)したら無罪放免。
ただ共犯者は長い(10年)懲役を受けるだろう」
「二人とも互いの罪を証言(互いに裏切り)
してくれたらそれに免じて多少刑期を
短くしてやろう(5年)」というものだ。

この時刑事は言わなかったが、二人とも協力して
黙秘をすると証拠不十分で現状
判明している軽い刑(2年)になる可能性もある。
しかし実際はそうはならないらしい。

        囚人B 協調   囚人B 裏切り
囚人A 協調   (2年、2年) (10年、0年)
囚人A 裏切り (0年、10年) (5年、5年)

考えてみると実は、これは相手がどちらの選択をしても、
こちらは相手の罪を証言(裏切り)するのが得となる。

囚人Aの立場からするとBが裏切っても協調しても
Aは裏切るのが得となる。
互いの利益を求めると協調しあって2年、2年がいい。
しかしお互いに裏切ったほうが得だとわかればお互いに
裏切り合って5年5年の結果になる。

何が言いたいかというと、あらゆる面で
こういうことが起こりうるということです。
話ができる関係であれば協調しあってお互いの
利益を最大化できる。しかし
国と国やお互いに相談しあえない、知らない者同士の
場合。互いに裏切る可能性が高い。
それが一番合理的に考えて得だと思うからです。
これは戦争にも当てはまります。

ディスコミュニケーションの中においては
最善の選択がすりかわる。

人間がずーーーーっと繰り返している馬鹿な戦争。
ディスコミュニケーションがきっと原因にある。
どちらかが対話を拒否するか、互いが対話を避ければ
悪い方向に進むんですね。

 


パン・喫茶 円居

円居の営業日は
毎週水、金&第一日曜日
となります。

イベントなどで予定が変更する
場合がございますので
詳しくはこちらをご覧の上、ご確認ください。

予約も承ります。
058-374-0820までお気軽にお電話ください。

今後共円居を宜しくお願いします。

岐阜市長良142−1
皆様のお越しをおまちしております◎ 円居


worksを更新しました。
どうぞご覧ください。

PECHE
岐阜の長良に洋菓子店を設計させていただきました。
素敵なご夫婦の洋菓子店です。

ツバメヤ
岐阜につづき、名古屋のツバメヤも造らせていただきました。
わらびもち、どら焼き。素材を大切にした真面目なお菓子。機会があればご賞味ください。

yajima coffee
岐阜、金華山の麓のコーヒーショップ
古い倉庫の一角に店を構え金華山が一望できる、映画のスクリーンの様な窓をあけました。
良質な味、サービスにこだわって皆さんに素敵な時間を過ごして頂けたらと思っています。

annon tea house

50種類以上の選べる紅茶と特製サンドウィッチ、ティーシロップたっぷりのオリジナルパンケーキをご用意して。一杯の紅茶で心あたたまるひとときを。