weblog

|

ギャラリー併設の住宅。住空間は開放的に、天井高も3.5m取っています。隣地に建物が迫る敷地のため、光を多く取り入れるための背の高い窓も景観との折り合いが難しく、外側にスクリーンを設けることで光を天井面に滑り込ませながら、隣地への視線をキャンセルするための工夫を設けました。こちらも計画中の建物。

弊所では、一般的な住宅(天井高2400)に比べて比較的天井高を低く(2100程度)設定することが多いです。弊所の設計では特に横方向の広がりと縦方向の広がりというものを意識して設計していて、吹き抜けに代表される縦方向の広がり、それから横に広がる大開口に代表される横方向の広がり。この二つを効果的に空間に意識させるために、通常の天井高をあえて低く設定します。
これにより、吹き抜けの高さが強調され、横方向の広がりもより強く意識されるように感じます。