weblog

|

今年、長良川の花火は中止。
これは東京五輪のための警備員不足に伴う予防的決定であったが、
この新型コロナの状況下ではいずれにせよ開催は不可能でした。

さらに来年以降もオリンピックや疫病の状況等不明なため
現段階では全くの不透明。花火も、鵜飼観覧船も、観光業界も夜の飲食も
ライブ等のイベントやフェス。
それからそういったイベントに出店する知り合いなども大打撃です。

見通しさえ全く立たず、途方に暮れるのみ。

そんななか、岐阜の村瀬煙火さん含め、全国の花火師さんによる
疫病退散花火が5月にサプライズで行われました。

密にならぬよう、事前告知はなし。
いつになく静かな町や川にとっては本当に花を添える美しい花火です。

まるで空虚な空間にしつらえる質素な投げ入れ花のように場所の空気を変えてくれます。
そんな村瀬煙火さんのご厚意で
打ち上げ場所近くまで入らせていただき拝見させていただきました。
動画はゆうにフレームアウト。
しかし気持ちの良い河畔で美しい花火を近くで体験することができました。

今年の夏、8月15日に鵜飼屋にて花火大会を企画しています。
市民による市民のための花火大会。
それに先立ち「あげる会」という会を立ち上げ、メンバーを募集しています。

link→「あげる会」から入っていただき、趣旨などをご覧いただければと思います。
少額でもご寄付いただき、
活動に賛同していただければ「自分たちの」花火大会になっていきます。

受け身の花火大会でなく、自分の。自分であげる花火。
ぜひご賛同ください。