|| | | | | | |

2012 春

昭和30年代に建てられた木造の建物。
過去には甘納豆工場として使われていた
空間を居住スペースとして再構築しました。
過去の改装時に補強として筋交いなどが
追加されており、構造的に必要な部材として
残す必要がありました。

しかしこれも現在のような製材された
新品の材料ではなく、柱や梁などの再利用。
過去からの継承の意味も込めて
これら古い材料も意匠的に使用しました。

珪藻土の柔らかな色と質感。
無節の杉板の美しい面がまた 空間に
命を吹き込みます。

 




 長良の家(改装)