| | | | | | | | ||

2012 秋

金華山に抱かれる岐阜。
そのまちなかにちいさないえが完成しました。

一つの敷地内に母屋のある、いわゆる「離れ」です。小さな空間をいかに活かすのか、ということが試されました。

空間の分け方に注意して、広がりを意識させるための仕掛け。そして桜並木を望むために空けたスチールサッシ。

2階よりかは低いその視点から眺める並木は
ちょうどよい距離感を感じます。

 


撮影 尾崎 芳弘

 




木造町の離れ