|| | | | |

2011 秋

ご夫婦と、お母さんの三人住まいの
小さな平屋。最初の打ち合わせから
小さく暮らすということが会話の中から
読み取れました。
出来ることなら平屋でというご要望もあり、
簡素で小さく。そんなことを心がけました。
大きな寄棟が小さな家族の上にかかり、
深い軒先がワラを入れた灰色の塗り壁と
信州カラマツの外壁を守ります。
内部は23坪で最小限の空間。
さまざまなものが手を伸ばせば届く範囲。
人間のヒューマンスケールというものを
意識させます。
小さな窓から入る日射が漆喰の質感を舐めて
美しい影を落としました。

 




 東の平屋