3/26(sun) hoshizumiと円居

一昨年の12月にhoshizumiさんと一緒に

催した昼餉と夕餉。

3/26(日)に、再び円居で

ご一緒させて頂くこととなりました。

・・

一昨年の師走

いつもの慌ただしさはどこへやら。

あの日の円居は

しっとりとして穏やかで。

お酒とお食事を

ゆっくり楽しまれる皆さんの姿は

月日が経っても

不思議と忘れないものです。

hoshizumiさんの

妥協のない素材選びと

まっすぐで正直なお料理とお人柄。

円居で触れることのできる

貴重な機会を再び頂けました。

皆さまぜひhoshizumiさんの

お料理と

お料理に合わせた円居のパンも

是非お楽しみください。

・・

昼餉と夕餉

hiruge  /yuuge

.

.

お料理は1品ずつコース形式でご用意させていただきます。

すべてのお料理に円居のパンがつきます。

特別な1日をみなさんと共有できたら

とっても嬉しいです。

ご予約を2/27(月)~受け付けさせていただきます。

ご予約はお電話のみとさせて頂きます。

058-374-0820

営業日につきましては

開店直後やランチタイムは

お電話に出られないこともあります。

ご了承ください。

営業日以外でもお電話は受付させていただきます。

どうぞ宜しくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3/26(日)

昼餉と夕餉

hoshizumi×円居

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第一部 11時~(1階席)

第二部 12時~(2階席)

第三部 18時~(1階席)

第四部 19時~(2階席)

お一人様 5000円(ドリンク代別途)

 アレルギーなどございます方は事前にお知らせください。

極力対応させていただきます。

ドリンクはアルコールもご用意しております。

 駐車場に限りがございます。

なるべく乗りあわせていただくか

満車の際は近隣のコインパーキングに駐車願います。

大変申し訳有りませんが

お子様連れ(小学生以下)の方はご遠慮頂きますようお願いします。

円居



わたし

わたしは

パンを焼くことが好き。

お店を営む上で

その思い一つで

居られたらいいのだけれど

そんな簡単なものではない。

わたしはまだまだ

弱くてもろい。

この場所で

このスピードで回り続ける歯車は

持続可能なものなのか。

自問自答の日々。

 



永遠と瞬間

永遠と瞬間

at cd shop songs

2017.2.15

…………………………….

昨日songsで行われたトークイベント

本田の店主.本田君と

songs.鬼頭さんの対談。

本田君から次々と溢れ出てくる言葉達を

一つ一つ拾い上げていく夜。

無知な私にはすべては理解できませんでしたが

かみ砕きながら音楽を通して少しずつ。

永遠と瞬間

偶然であるようで必然なもの。

自分を形成する確かなものを

しっかりとじっと見据えている。

人、音楽、骨董・・

有機的な繋がりを見せながら

一本の線の中にいつも変わりなく在り続けている本田君。

普遍的なものにとらわれることなく

私も、もっともっと自由な表現者でいたいと思えた。

本田の本田君とメグから

鬼頭さんと同じく

私も大きく影響を受けています。

近くに尊敬できる人がいるのは幸せなことです。

またの開催を楽しみに。

・・・・・・・・・・・・・・

円居は軽食を担当させて頂きました。

ありがとうございました!

 

 

 

 



緩む時間

休日の昨日

雪降る中、久しぶりに友人と食事に出かける。

思えば、年が明けてから気持ちがあまり外へ向かず

人と積極的に会っていなかったので

久しぶりの外出となった。

私にとって、自分をさらけ出せる友人と会うこの時間は

生活においてなくてはならない大切な一コマ。

「円居店主」としてでなく、

あくまで私個人として付き合ってくれる友人は、

数少ない。

いつもありがとうね。



如月・弥生のパン/2.3月

満月/カンパーニュ

全粒粉・木の実とチーズ・森のドライフルーツ

春色/紅苺

山合/プレーン食パン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

如月・弥生のパン(2.3)

満月/カンパーニュ(3種)

プレーン・木の実とチーズ・森のドライフルーツ

山合/食パンプレーン

楚々/リュスティック(1種)葱・木の実・チーズ

漆黒/ショコラベリー

朝食/Englishmuffin(2種)  プレーン・ブルーベリー

地中海/エジプト塩のフォカッチャ

小月/雑穀(2個SET )

春色/紅苺

四日/スコーン  クランベリーとホワイトチョコ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パンのご予約は1ヶ月前からとさせて頂きます。

尚ご予約の際、個数制限をさせて頂いておりますので

あらかじめ ご了承くださいませ。

2ヶ月に1度パンの種類が少し変わっています。

今回ご紹介させていただきましたパンは

2月と3月に焼く予定のパンたちです。

4月5月に焼くパンの種類は

前の月の25日頃(3/25前後)にこちらのブログにてご紹介させて頂きます。

その場合のパンのご予約は通常の1ヶ月前からのご予約とはならず

焼くパンの種類が決定後(3/25以降)開始となりますことを

予めご了承くださいますようお願い致します。

わかりにくいご案内で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

お問合せなどお気軽にお電話くださいませ。

058–374-0820(営業日以外でもお電話お受けできます)

円居



2月3月酵母パンのお食事

2月3月の酵母パンのお食事

フォカッチャのサンド

/根菜のカポナータとモッツアレラチーズのサンド

雑穀のパン

/苺のバルサミコマリネとバター

チキンとお豆のクミンスープ

ミモザサラダ

2月3月にご提供させていただくメニューです。

営業時間内でしたらいつでもお召し上がり頂けます。

但し売り切れ次第終了となります。

平日の営業、第一日曜日の営業共にご予約いただける時間が

①11時~    (1階席)

②11時30分~ (2階席)

③13時~    (1階席)

④13時30分~   (2階席)

となります。

席数も増えましたのでご予約なしでも入っていただけるかと思いますが

ご予約優先となりますことを予めご了承くださいませ。

尚、お子様連れのお客様は

①11時③13時

のお席のご予約を受付させて頂きます。

大人の方6名さま以上、もしくは

大人の方とお子様を含めた6名さま以上のご予約は

大変申し訳ありませんが、お断りさせて頂いております。

予めご了承くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月は二つのイベントに参加させて頂きます。

こちらの詳細はまた追ってお知らせいたします。

3月には多治見にお店を構えるhoshizumiさんと

円居で特別なお食事会を催す予定です。

楽しみにお待ちいただけたら嬉しいです。

円居



2月、3月の営業日

○営業日

□イベント

3月26日(日)
hoshizumi × 円居

「昼餉.夕餉」

※ご予約方法などは改めてお知らせいたします。



2017年

あけましておめでとうございます。

今年もまた一年

変わらずにいられたらいいなぁと思うばかりです。

皆さまお付き合い頂けたら嬉しいです。

年末年始、私は案の定体調を崩す・・

原因不明の「中毒疹」という病気になり

蕁麻疹がでた!と完全に勘違いをした私は

受診するタイミングが遅くなり悪化・・

強い痒みを堪えながら

年末病院に駆け込む始末。

先生からは、とにかくゆっくり休みなさいと。

お陰でこの年末年始は、ほとんどの時間を家の中で過ごす。

本を読んだり映画を見たり。

思い返してもそれくらいしかしていない気がする。

今読んでいる「考えない練習」という本が

自分の内側を見られてるような気分になって読みたいような読みたくないような。

でも読んでしまう。

自分を知ることは同時に認めること。

いろんなことをクリアにできたら、もっといいのにと思う。

年明けからどうでもいい話を綴ってしまった・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日からパンを作り始めています。

今年初めて粉を触った。

なんだか急にパチン、とスイッチが入った気がする。

そろそろエンジンかけていかなきゃ。

円居は1/13(金)から通常営業となります。

お食事のご予約、パンのご予約受付ております。

058-374-0820

 

 

 



2016年

昨日2016年の営業が終わりました。

この1年間、

円居にお越し頂きましたお客様

本当にありがとうございました。

また1年、こうして変わらずに「円居」として生かして頂くことができました。

何よりも幸せなことです。

今年は特に

「円居」という存在の輪郭が

自分の中ではっきり見ることのできた1年だったように思います。

それは、円居を作るスタッフ一人一人の力が

とても大きなものになってきたことが大きく関係していると思っています。

いつも私に寄り添い支えてくれるスタッフのみんなには本当に感謝しています。

ありがとう。

そして変わらずに円居へ来て下さるお客様方。

この1年毎週パンを買いに通ってくださったMさん

私の身体をいつも心配して温かい言葉をかけてくださるHさん

遠くからいつも仲良く来て下さるUさん、Mさん、Yさん、

毎月、日曜日に来て下さるNさん、Kさんご家族、Nさんご夫妻、Sさん、Kさん。。

まだまだ書ききれない沢山の温かなお客様方に支えられたお陰で

私はこうして円居に立たせてもらうことができました。

本当にありがとうございました。

あらゆることを瞬時に判断し

答えを導き出していく毎日。

営業時間中は、

呼吸がしっかりできているのかどうかさえ分からなくなるくらい

1分1秒、時間との戦い。

待ってはくれない時間とパン生地。

うまくいかないときは、深く深呼吸して心を落ち着かせる。

私だけでなくスタッフ皆それぞれの持ち場で

個々の持つ力を全力で出し切っている。

日々変わりないルーティーンの中でも

同じ1日なんて1日もなくて

毎日にドラマがある。

立ち止まってじっくり考えることもできなくて

その時々の一瞬の判断は本当に間違いなかったのか

改めて自分を振り返る時もよくある。

今思えば逃げ出したいくらい悔しくて苦しい日もあったけれど

這い上がっていく力を不思議と周りの方から頂けることが多い。

それは同時に自分の熱源を改めて感じる瞬間でもあったりする。

今後どうしていきたいのか、

どうしたいのかも正直なところよくわからない。

今できることを精一杯やるのみだなぁと

1年経った今

変わらない思いで振り返る。

心を通わせる仕事がしたい

丁寧な仕事をしたい

妥協のない仕事がしたい

来年も同じ気持ちで、「円居」というお店と自分と向き合っていけたらと思っています。

円居に関わって下さったすべての皆様に心からの感謝を。

また来る年が何事もありませんように。

2016.12・24 門脇 磨奈美

 

 



どんなことがあろうとも、

どっしりと構えていたいと思うけれど

思うようにはいかず、いつも気ばかりが焦る私。

こんなんじゃダメだ、といつも心の中で自分に喝をいれる。

今週はいろんな意味で崖っぷちだった。

よく乗り切れたなぁと思う。。

そして、自分のやるべき課題が見事に浮彫になった。

それは初めからわかっていたこと。

向き合う時間を頂けたんだと思う。

地に足つけて、しっかりと踏ん張ってたい。

心はいつも真ん中に。