2016年

昨日2016年の営業が終わりました。

この1年間、

円居にお越し頂きましたお客様

本当にありがとうございました。

また1年、こうして変わらずに「円居」として生かして頂くことができました。

何よりも幸せなことです。

今年は特に

「円居」という存在の輪郭が

自分の中ではっきり見ることのできた1年だったように思います。

それは、円居を作るスタッフ一人一人の力が

とても大きなものになってきたことが大きく関係していると思っています。

いつも私に寄り添い支えてくれるスタッフのみんなには本当に感謝しています。

ありがとう。

そして変わらずに円居へ来て下さるお客様方。

この1年毎週パンを買いに通ってくださったMさん

私の身体をいつも心配して温かい言葉をかけてくださるHさん

遠くからいつも仲良く来て下さるUさん、Mさん、Yさん、

毎月、日曜日に来て下さるNさん、Kさんご家族、Nさんご夫妻、Sさん、Kさん。。

まだまだ書ききれない沢山の温かなお客様方に支えられたお陰で

私はこうして円居に立たせてもらうことができました。

本当にありがとうございました。

あらゆることを瞬時に判断し

答えを導き出していく毎日。

営業時間中は、

呼吸がしっかりできているのかどうかさえ分からなくなるくらい

1分1秒、時間との戦い。

待ってはくれない時間とパン生地。

うまくいかないときは、深く深呼吸して心を落ち着かせる。

私だけでなくスタッフ皆それぞれの持ち場で

個々の持つ力を全力で出し切っている。

日々変わりないルーティーンの中でも

同じ1日なんて1日もなくて

毎日にドラマがある。

立ち止まってじっくり考えることもできなくて

その時々の一瞬の判断は本当に間違いなかったのか

改めて自分を振り返る時もよくある。

今思えば逃げ出したいくらい悔しくて苦しい日もあったけれど

這い上がっていく力を不思議と周りの方から頂けることが多い。

それは同時に自分の熱源を改めて感じる瞬間でもあったりする。

今後どうしていきたいのか、

どうしたいのかも正直なところよくわからない。

今できることを精一杯やるのみだなぁと

1年経った今

変わらない思いで振り返る。

心を通わせる仕事がしたい

丁寧な仕事をしたい

妥協のない仕事がしたい

来年も同じ気持ちで、「円居」というお店と自分と向き合っていけたらと思っています。

円居に関わって下さったすべての皆様に心からの感謝を。

また来る年が何事もありませんように。

2016.12・24 門脇 磨奈美

 

 



Comments are closed.