漆の体験実習

一昨日、昨日と漆の扱いについて勉強会とワークショップに行ってきました。
建築の中で漆を使うというのはあまりイメージしにくく、工芸品に使われるものだろうという先入観がありますが、石川県のほうでは内部木部にはほぼ白木が見えないくらい漆を塗る文化があるそうで、それも特別な職人ではなく大工の仕事の一環として刻んだ材料に塗ってしまうそうです。自分でも広い面積に漆を塗るというのは材料費や手間の上で難しいものだと思っていましたが、案外いけそうです。一度かぶれてしまってから漆には近寄りがたかったですが、もう少し遊んでみようと思います。沢幸漆店の沢田さんありがとうございました。
20161101_192808709

p_20161102_103041

p_20161102_111654



建具詳細図検討

ちょっと特殊な窓なんで、屋根を受ける柱、兼窓枠の軸方向力と風による座屈を検討。
短い柱だからよかった。心配しすぎたけど問題ありませんでした。

0



名張

出来てきました。

DSC_0026_R

DSC_0028_R

DSC_0032_R

DSC_0047_R

DSC_0051_R



素の美しさ

明日から、円居にて展示会始まります。
木工ふくなり展「素の美しさ」

昨日搬入を終え、明日からの展示会に備えて
モノモノが空間の中にしっくりとなじんできました。
円居とふくなり。似合いすぎるくらい似合っています。

錆漆の作品を今回は多く準備していただきました。
「下手なんで」と謙虚におっしゃっていました。
旋盤を使った荒々しいノミ跡の器、ランプシェード。

奥会津の木地師のような、生活と実用をしっかりと表現されています。
表現というほど、作為的でないかもしれません。
過去に多く存在していた民芸。それを現代に改めて復興しようとされているのか。

「全部カタチが違うんです。」

同じものができない、一期一会の造形。
木の目、反り、曲がり、節。実に日本的だと思います。
思えば、日本人は非対称な景色を好み、自然石を庭に配する。
そういった美意識が根底にあります。そんな日本人独自の表現を求めておられるのかな。
と感じました。

是非近くで、ご覧になってください。木目や刃物の当たった面をしっかりとご覧ください。

7/8(金)~7/15(金)/期間中のお休み7/12(火)

素の美しさ

木工ふくなり企画展

作家在店日 7/8~7/10

ƒtƒ‰ƒCƒ„[01

ƒtƒ‰ƒCƒ„[01



名張

unnamed0

緩やかに外と中を区切る連想窓。出来てきました。



annon tea house

設計させていただきました、annon tea houseの増床工事。
短期間の工事に関わらず、監督さんはじめ職人さんのみなさんには頭が下がります。

ともかく、本日改めてオープンいたします。

先日のお披露目会では内部見ていただきましたが、
商品が入り、植物で空間を彩り、
店主はじめスタッフがお客様を受け入れる準備が整い、
そしてお客さんが入ってきたところでようやく完成です。

不思議なことに先日のお披露目会とは全く違う印象に感じると思います。
空間は同じなのに、人々がそれぞれの居場所に収まると心地よく感じてきます。

お披露目ご覧になった方はまた改めて空間体験をお楽しみに。
下の写真はまだ商品が並んでません。空間としては8割ですね。

1



PECHE

建てました。
建ったばかりの建物の構造は、とても美しいです。
プロポーションがよくわかるこの状態がいつも好きです。

IMG_0940IMG_0931



岐阜高専非常勤

今年も岐阜高専の3年生の第一課題非常勤を終えました。
昨年と同じ課題として、昨年の先輩の図面を参考に、
より理解を深めてもらいました。

建築学科の教育における木造住宅は昔から、
カリキュラムの中でかなり軽視されていて、
日本に一番多い建築物なのにそれをきちんと学ぶ機会は少ないです。
3年生の第一課題に木造をやると、
そのあとはきちんと学ぶ機会もなさそうなので、
まったくの木造素人の学生には荷が重いですが、

壁量計算の知識を軽く頭に入れながらプラン。
木造の軸組みを理解の上、軸組み模型の製作、
手書きでの図面まとめ、着色してプレゼンテーション。
矩計図をCADで起こす。

というところまでやってもらってます。

出来のいい作品はそのまま建ててもおかしくないくらいのデザイン、
架構になりましたね。いくつかをあげておきます。

DSC_0159

DSC_0034

DSC_0158

DSC_0033

DSC_0160

DSC_0035

社会的な条件の中におけるケンチクの役割とか、
意外性のある突飛なデザインのクウカンだとか、
そういうものに頭でっかちになる学生が多いですし、
そういったものが建築雑誌にはあふれていますので
そういうものを見て「かっこいい」とか思ってしまうのも学生で、
僕らみたいな地味な建築家にはあまり興味を持ってもらえませんが、
きちんと、技術としての建築設計を身につけなくては、
どんなかっこいいことやっても根のない張りぼてになってしまいます。

基本はもちろんありますので、まずは土台を固めてもらいたいものです。



名張


少しづつ、大工さんの仕事は進みます。竹原義二さんは職人は亀、建築家はうさぎと書いてらっしゃいましたが、その通りだなあ。面白い例えです。



等々

P_20160518_171454annon tea house増床工事始まりました。

P_20160513_1357082学生の構造模型

P_20160515_170530作 小学生×4